ほうれい線を消す化粧品

HOME → ほうれい線ケアのための化粧品と消す方法

ほうれい線ケアのための化粧品と消す方法

年齢を重ねるごとに、ほうれい線が深くなっていくのは仕方がありません。しかし、加齢以外にも、ほうれい線を悪化させる原因は数多くあります。

  • 肌の乾燥やハリの低下
  • 血行不良によるむくみ
  • 口周りの筋力の低下
  • 急激なダイエットによるしぼみ

これらも、ほうれい線を悪化させ、目立たせる原因となります。

改善のために出来ること

ほうれい線は、年齢肌の悩みの中では解消が難しいものの1つです。化粧品だけ。マッサージだけ。というやり方ではなく、出来ることは全部やる!ぐらいの意気込みで解消を目指さないと、満足な結果は得られません。

ほうれい線解消のために出来ること

  • 化粧品によるケア
  • 表情筋トレーニング
  • リンパマッサージ
  • 美顔器の超音波振動で血行、代謝の促進
  • 美容サプリやドリンクで内側からのケア

いきなり全部は難しいと思いますので、まずは費用のかからない表情筋トレーニングとリンパマッサージから始めましょう。

ただし、リンパマッサージはやり方を間違えると、ほうれい線を悪化させる恐れがあります。ネットの情報よりも、amazonなどで評価の高い書籍を参考に、取り組んだ方が間違いがありません。

また、ほうれい線は、ハリ・弾力の低下が招くものなので、化粧品はそこをケアできるものを選ぶことが大切です。

ほうれい線の解消のために選びたい化粧品

ほうれい線解消専用を謳った美容液やクリームもありますが、使用感としてはあまり良くありません。@コスメ等のネット上の評判もイマイチです。

ほうれい線は総合的なエイジングケアをベースに、プラスαとしてハリや弾力を与えてくれる化粧品を使った方が効果が出やすいと感じます。

透輝の滴

ほうれい線のケアで評判の美容液です。もともとはエステサロンの専売品ということで、実感力の高さは本物。

EGFやFGFなどのグロースファクターを贅沢に8種類も配合しているのが魅力です。それらの働きによって、肌内部のコラーゲンやエラスチンの産出を促進。自らの力で、ハリ・弾力を高めることで、ほうれい線が薄くなるのを実感できます。

セルフケアで少しでも早く効果を得たいなら、まず透輝の滴を試してみましょう。

透輝の滴の体験談へ

アヤナス

公式の通販ページにも、ほうれい線について書かれているだけあり、ほうれい線対策のベースとしてアヤナスは最適です。保湿+ハリ、弾力という意味でも、これを選べば間違いありません。

また、敏感肌のケアに定評のあるポーラグループなので、肌が弱い人でも安心して使えるのも魅力。年齢肌の悩みを総合的にケアできる、信頼のブランドです。

アヤナスのトライアルセット体験談へ

アスタリフト

こちらもハリ、弾力で評判が良いです。特にアスタリフトの中でも、ジェリーアクアリスタは、ほうれい線が薄くなったという口コミをよく見かけるので、試す価値ありだと思います。

アスタリフトをラインで揃えても良いですが、ジェリーアクアリスタのみプラスしてみるのもアリ。現品は安くないので、まずはトライアルセットで試してみましょう。

アスタリフトのトライアルセット体験談へ

ビーグレン ディープラインケア

深いしわの解消のために開発されたスキンケアラインです。ビーグレンは独自の浸透技術を持っていて、肌の奥深くまで有効成分を届けることが出来るのが特徴です。

日本のメーカーではないので、肌に合わないという声も聞きますが、合う人には効果の高い化粧品です。トライアルは安いうえ、365日の返金保証が付いてるので、一度試してみても良いでしょう。

ビーグレンのトライアルセット体験談へ

ほうれい線のためのエステ選び

ほうれい線を薄くするのは時間のかかるものです。深く刻まれたシワなので、セルフケアでは、それも仕方がありません。

少しでも早く解消したいということなら、フェイシャルエステも検討しましょう。本格的なエイジング化粧品に加え、美顔器も揃えていくとなると、エステの方がコスパが良くなる可能性もあります。

ただ、エステの場合は店舗まで足を運ばないといけません。通うのが面倒になる人には合いませんが、セルフケアが続かない人は検討してみては如何でしょうか。

ポーラのフェイシャルエステ

POLA THE BEAUTY エイジングコース

ほうれい線はもちろん、年齢肌の様々な悩みに対応してくれるエイジングコース。使用するのはポーラの専用化粧品なので、信頼感は抜群。

お肌のチェックから、カウンセリングなど、細かなアドバイスも貰えます。ポーラのブランドイメージがあるので、勧誘等の心配もありません。

悪化を防ぐために

ほうれい線は、普段の生活の中でもいくつか気をつけるべきことがあります。これ以上悪化させないためにも、どんな習慣が良くないのかを知っておきましょう。

紫外線

しみにも、しわにも、たるみにも、悪影響を与える紫外線。とにかく肌を老化させてしまう原因なので、出来る限り対策をしなくてはなりません。面倒だと思わず、UVケアを毎日の習慣してしまいましょう。

横向きで寝る

頭は意外と重たいものです。横向きに寝ると、顔の片側を頭の重さで長時間押し潰すことになります。これは歯並びや骨格の歪みにまでつながり、ほうれい線の原因になってしまいます。

長年慣れ親しんだ眠る姿勢を変えるのは難しいかもしれませんが、美容にとっては横向きに寝るのはあまり好ましくはありません。

頬杖

頬杖がクセになっている人は、常に同じ箇所を圧迫してしまっています。これがほうれい線やたるみの原因になっていることもあります。

ほうれい線の解消は、軽い気持ちでダラダラ続けても、効果はあまり上がりません。化粧品によるケアはもちろん、表情筋トレーニングも日課にするぐらいの気持ちが必要です。

一朝一夕ではほうれい線は浅くなりません。セルフケアだけでいくなら3ヶ月〜半年は継続する気構えで臨みましょう。